Facebookもチェック!

 ワクチン辞典 肺炎球菌

 肺炎球菌

日本では、2010年2月に欧米から10年遅れてワクチンが発売になり、2013年度から定期接種で受けられるようになりました。

生後2ヵ月から5歳まで(6歳未満)、とくに5歳になるまでのお子さんはすぐに受けてください。
肺炎球菌による髄膜炎が起こりやすい生後6ヵ月までに初回3回の接種を済ませておくことが重要です。

ワクチンの接種回数は初回を接種する月齢・年齢により異なり、生後2か月から6か月までに初回接種をはじめれば合計4回です。
7か月から11か月は3回、1歳代は2回、2歳から9歳まで(10歳未満)は1回です。

肺炎球菌は免疫のはたらきが充分でない、乳幼児や高齢者に、肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎、菌血症など様々な病気を引き起こします。
また、肺炎球菌による小児の髄膜炎は、初期症状が風邪に似ているため判別が難しく、後遺症を残し死亡することも多く、細菌による感染症はペニシリンなどの抗生物質により治療しますが、近年は抗生物質が効かない薬剤耐性菌が増えているため、治療が困難になっています。
そこで、ワクチンにより病気をあらかじめ予防することが重要視され、現在、肺炎球菌感染症を予防するワクチンとしては、2歳以上で肺炎球菌疾患にかかるリスクが高い人および高齢者を対象とした23価肺炎球菌多糖体ワクチンと、9歳以下の小児を対象とした7価肺炎球菌結合型ワクチンの2つが発売されています。

News

2017.2
日本最大のママイベント「Happy Mama Festa2017 名古屋」イベントにてトークショーイベント、セミナー、ブース出展により「めっど@mama」の出展決定。
2016.9
北海道最大のママイベント「Happy Mama Festa2016 北海道」イベントにてトークショーイベント、セミナー、ブース出展により「めっど@mama」の出展決定。
2016.4
第119回日本小児科学会総会 市民公開講座会場にて活動紹介ブース設置します。
2016.1
インターネット番組「めっど@mama Channel」配信開始しました。
2015.10
ママと子どものPhoto雑誌「KIDS-TOKEI」に「ワクチン勉強会」活動報告の連載が決定しました。
2015.9
埼玉県共催「ママコレクション」イベントにてトークショーイベントとワークショップ、ワクチン勉強会ブースにて「めっど@mama」出展決定。
2015.3.22
「神戸の未来医XPO’15」会場内で「ママカワメディカルプロジェクト」開催決定
2013.12.20
公式キャラクター大募集!
2013.05.13
ママコレクションにて「ママカワメディカルプロジェクト」(ワクチン勉強会)ステージを開催
1日目 / 風疹
2日目 / ウイルス性肝炎 実地
2013.05
ママワクチン基金から「日本ワクチン基金」に団体名を変更しました。
2012.05.13
ママコレクション 特設ブースにワクチンストリートを設置
ワクチン関係企業様、通信機器企業様にご協力を頂きました。
2012.05.13
ママコレクションにて
「ママカワメディカルプロジェクト」
(ワクチン勉強会)ステージを開催
2012.04
第2回ワクチン勉強会開催
2012.04
MaMaCawa (主婦と生活社)創刊
第一回ワクチン勉強会が掲載されました。
2012.03
第一回ワクチン勉強会開催
2011.12.24
Unicef Hand in Hand Xmas 募金
ママカワメディカルプロジェクトメンバーが参加しました。
2011.10.8
ママコレクションにて
「ママカワメディカルプロジェクト」
(ワクチン勉強会)ステージを開催
2011.06
ママカワメディカルプロジェクト発足

パパ・ママのVaccine Post
‐How about Vaccine‐

ワクチン勉強会

The Mom Of Sapphire
サファイアママ資格認定者